タグ別アーカイブ: Ubuntu

極小Ubuntu

sdcard

UbuntuをデスクトップOSとして使い始めてから早6ヶ月。

試行錯誤を重ねた結果、ついに極小のUbuntuでの運用を証明できました。

Ubuntuのメリットである「いつでも、だれでも、どこでも」がかなり現実のものになりました。

結果としては、microSDカード2枚でOK。

ブートやアプリケーション用のカードと、homeディレクトリ用のカードとしています。

2枚構成により、アプリケーションがブラックアウトすることがほとんどなくなりました。

ただし、SDカードに直接インストールできるのは、バージョン8.04です。

バージョン8.10では、直接インストールができません。

(注意:ここで言うインストールとは、HDDと同じインストール方法のことです。バージョン8.10ではSDカードにLiveCDと同じような構成でインストールするため、通常利用向きではないのです。)

よって、一度HDDにインストールしてから、RescueCDなどでバックアップを取り、それをSDカードに移す作業が必要です。

カードリーダは、デュアルアクセス可能なリーダであれば問題ありません。

私はエレコム社製のmicroSDとSDカードが同時にアクセスできるものを使用しています。

この構成で既に4ヶ月動作させていますが、まったく問題ありません。

ただし、いつメモリの書き込み限界を越えるか分からないため、頻繁にバックアップは取るようにしています。

いつまで動くか、検証を続けます。

Ubuntuのメッセンジャー

ubuntuでメッセンジャーソフトといえば、標準でインストールされているPidginが有名です。
ただし、3点ほど不具合がありました。

  1. 数行に渡るメッセージを書いていると、ウィンドウが激しく揺れて、応答しなくなる(必ず発生する)。
  2. ほとんどのファイル転送が失敗する(ごくまれに転送できる)。
  3. 相手の環境によっては、〜という文字が?に文字化けしてしまう(相手によるので障害とも言えないかも)。

ということで、別のメッセンジャーアプリを試していたのですが、

日本語表示すら怪しく、乗り換えができない状態でした。

ということで、懲りずに今回試してみたのは、emesene。

いつものようにSynapticから、簡単にインストールできます。

起動してみると、GUIはすっきりとしていてなかなか良い感じです。

では、テスト。

No 項目 結果
1 アイコンは表示されるか OK
2 普通の日本語は正常に表示されるか OK
3 〜文字は相手に正しく表示されるか OK
4 日本語メッセージを書いている間に障害が発生しないか OK
5 ファイルは送れるか NG
6 ファイルは受け取れるか NG

やっぱりファイル転送はだめでした。

と思ったら、どうも会話先のメッセンジャーがMSメッセンジャー2009年バージョンだとダメだということが判明。

相手が2008年バージョンのMSメッセンジャーとはうまく転送できました。

ちなみに、Pidginでも去年はファイル転送できていたので、MSメッセンジャーとの相性問題のようです。

相手には、最新のメッセンジャーを使わないように伝えておきましょう。

Pidginで発生していた、日本語を長く入力するとウィンドウが激しく揺れる障害は、emeseneでは発生しないため、

しばらくemeseneを使ってみたいと思います。