タグ別アーカイブ: NOKIA

Linux PDA

LinuxのPDAと言えば、SHARPのザウルスが有名ですが、

現在は生産も終了しておりますし、そもそもシステム自体が古いままでした。

通信機能はCFカードに頼らなければならないことが、実用にはマイナスでした。

現在はWindowsモバイルPDAが全盛ですが、

どうも好奇心がくすぐられないため、購入を控えていました。

(とはいえ、WindowsCEのころに4台購入して、検証しました)

携帯電話で有名なNokiaから、N810というPDAが発売されていました。

これが、Linux搭載。

日本では未発売(しかもNokia自体が高級ブランド以外は撤退済み)なので、

店頭では手に入りません。

早速オークションで落札し、1週間ほど運用テストしました。

「ちゃんと使える!」

第一印象はかなり高評価でした。

とはいえ、Windowsモバイルよりも設定等は大変で、コマンドシェルを使う場面も多く、

手軽に使えるとは思えません。

しかし、小さいLinuxを持てる楽しさは十分に満喫できます。

N810の特徴

1.OSがLinuxなので、手軽にアプリケーションを開発できる(好きな人は)

2.多くのインターフェースを持っている。(Wireless-LAN,WebCam,Bluetooth,GPSレシーバ,Mini-SDカードR/W)

3.800×480というワイドな画面で、タッチパネル液晶

4.red pillを飲めば数多くのアプリケーションをインストールできる

5.スライドキーボードもついて、重さ二百数十グラム

4番のredpillは、映画Matrixでの一場面のパロディです。

(ご存知のとおり、同映画ではノキアの携帯電話が使用されている)

機能拡張画面でMatrixと入力すると、「redpillかbluepillのどっちを飲む?」と聞かれるので、

redpillを選択すると、制限された世界から抜け出て、数多くのアプリケーションをインストールできるようになります。

こいつにSSHやrdesktopをインストールしたところ、簡単にLinuxやwindowsサーバなどにネットワークログインできました。

緊急対応時には重宝しそうです。

ただし、本機はPDAであって携帯電話ではありません。

よって、社内や自宅では無線LANを使い、外ではemobileのbluetooth搭載携帯電話で接続しています。

これによって、PCを持ち歩く必要がなくなり、機動性が上がりました。

とうぜんSkypeやメッセンジャーも使えますので、コミュニケーションもまったく問題ありません。

べつにWindowsモバイル機でも実現できるのですが、Linuxというのがたまりません。

ちなみに、説明書では外部SDカードのファイルフォーマットはFAT16,32のみと記載されていますが、Ext2,Ext3でも問題なくアクセスできました。

これで、普段デスクトップLinuxのhomeディレクトリ用microSDカードを直接読むことができます。

こんなに便利なのに、35,000円くらいで購入できます。

UMPCよりもモバイルの割り切り度が高くて好きです。

もうしばらく検証します。