タグ別アーカイブ: HTML

HTMLとは?

HTMLとは、HyperText Markup Language(ハイパーテキストマークアップ言語)の略です。

HyperText(ハイパーテキスト)とは、ある文章から別の文章にジャンプ(リンク)することができる文章のことです。

そのような文章を書くための言語が、HTMLなのです。

HTMLは、主にホームページの文章を記述するために使用されていますが、

別に普段の文章をHTMLで記述しても構いません。

HTMLは、文章はもちろん、別文章へのリンク先や画像表示などすべてをテキストで記述します。

よって、編集はテキストエディタでもでき、構造もシンプルです。

マイクロソフトワードがなくても、綺麗な手紙を書くこともできます。

文字の大きさを変更したり、リンク先を指定したりするために「タグ」という特殊な記号を記述します。

HTMLファイルに含まれるのは、表示する文字とタグだけです。

タグについて理解すれば、HTMLを書くことができます。

一番シンプルなHTMLを書いてみましょう。

テキストエディタを開いてください。

Windowsであれば、ノートパッドで結構です。

テキストエディタで以下の文章を入力し、hello.htmlというファイル名で保存してください。

ノートパッドの場合、保存の時にファイル形式を「すべて」としてから保存してください。

[sourcecode language=”html”]
<html>
<body>
hello!
</body>
</html>
[/sourcecode]

hello.htmlというファイルが出来上がったら、そのファイルをクリックしてください。

ブラウザが開いて、画面にhello!と表示されます。

<と>で囲んだものを「タグ」と呼びます。

1つのタグは必ず<で始まり、修飾を指示する記号と指示内容が続き、>で終わります。

修飾はすべてタグで記述するのです。

タグは基本的には画面に表示されません。

また、タグには始まりと終わりがあります。

タグによる修飾は、始まりのタグと終わりのタグの間に記述した内容だけが影響されます。

終わりのタグは、開始タグで指示した記号の前に/をつけます。

hello.htmlでは、<html>が開始のタグで、</html>が終わりのタグです。

<html>〜</html>のことを、「エイチティーエムエルタグで囲む」と呼びます。

始まりのタグと終わりのタグの間には、さらにタグを書くこともできます。

<html>〜</html>の間に<body>〜</body>がありますね。

このことを「入れ子」とか「ネスト」と呼びます。

入れ子によって、段階的に修飾を指定できるのです。

文字の大きさや色、表示位置などの修飾はすべてタグで指定できます。

ひたすら文章とタグを書けば、美しい文章が出来上がります。