カテゴリー別アーカイブ: プログラミング講座

HTMLとは?

HTMLとは、HyperText Markup Language(ハイパーテキストマークアップ言語)の略です。

HyperText(ハイパーテキスト)とは、ある文章から別の文章にジャンプ(リンク)することができる文章のことです。

そのような文章を書くための言語が、HTMLなのです。

HTMLは、主にホームページの文章を記述するために使用されていますが、

別に普段の文章をHTMLで記述しても構いません。

HTMLは、文章はもちろん、別文章へのリンク先や画像表示などすべてをテキストで記述します。

よって、編集はテキストエディタでもでき、構造もシンプルです。

マイクロソフトワードがなくても、綺麗な手紙を書くこともできます。

文字の大きさを変更したり、リンク先を指定したりするために「タグ」という特殊な記号を記述します。

HTMLファイルに含まれるのは、表示する文字とタグだけです。

タグについて理解すれば、HTMLを書くことができます。

一番シンプルなHTMLを書いてみましょう。

テキストエディタを開いてください。

Windowsであれば、ノートパッドで結構です。

テキストエディタで以下の文章を入力し、hello.htmlというファイル名で保存してください。

ノートパッドの場合、保存の時にファイル形式を「すべて」としてから保存してください。

[sourcecode language=”html”]
<html>
<body>
hello!
</body>
</html>
[/sourcecode]

hello.htmlというファイルが出来上がったら、そのファイルをクリックしてください。

ブラウザが開いて、画面にhello!と表示されます。

<と>で囲んだものを「タグ」と呼びます。

1つのタグは必ず<で始まり、修飾を指示する記号と指示内容が続き、>で終わります。

修飾はすべてタグで記述するのです。

タグは基本的には画面に表示されません。

また、タグには始まりと終わりがあります。

タグによる修飾は、始まりのタグと終わりのタグの間に記述した内容だけが影響されます。

終わりのタグは、開始タグで指示した記号の前に/をつけます。

hello.htmlでは、<html>が開始のタグで、</html>が終わりのタグです。

<html>〜</html>のことを、「エイチティーエムエルタグで囲む」と呼びます。

始まりのタグと終わりのタグの間には、さらにタグを書くこともできます。

<html>〜</html>の間に<body>〜</body>がありますね。

このことを「入れ子」とか「ネスト」と呼びます。

入れ子によって、段階的に修飾を指定できるのです。

文字の大きさや色、表示位置などの修飾はすべてタグで指定できます。

ひたすら文章とタグを書けば、美しい文章が出来上がります。

0と1だけでどうやってプログラムをつくるのか

コンピュータが扱うのは0と1だけと繰り返し伝えてきました。

数字だけでどうやってコンピュータに指示するんだ?

この疑問は誰でも持つのです。

ここが理解できれば、コンピュータの頭脳(CPU)を理解することになります。

実は、数字の羅列の中には命令コードと呼ばれる数字と、その命令を実行するために

必要なデータとしての数字の2種類あるのです。

「命令+データ」が1つの組み合わせとなって、多数並べてプログラムとして動くのです。

(一部データが不要な命令もあります)

しかし、命令もデータも同じ数字ですので、一見区別できません。

また、数字がずれた場合、CPUはどのようにずれたか分かりませんので、無理やり実行しようとして暴走します。

ゲーム機が突然変な画面になって止まるのは、この様な理由からです。

CPUがプログラムを実行するためのルールは以下の通りです。

  1. 命令として数字を取り出す。
  2. 命令によって、処理に必要なデータの数が分かるので、その個数分の数字を取り出す。
  3. 命令を実行する。
  4. 1に戻って繰り返す。

たったこれだけです。

簡単なCPUを仮想的に作って処理させてみましょう。

シンプル1号というCPUを作ってみます。

このCPUは8ビット単位で処理します。

よって、命令の種類は最大で256個となります。

8ビットの数字を管理できる箱を1つ持っています。

計算はこの箱を使って行います。

この箱のことをアキュムレータ(以下ACC)と呼びます。

命令を表す数字(16進数) 命令内容 必要なデータ数
00h ACCに、データの数字を代入する 1
01h ACCに、データの数字を加える 1
FEh 画面にACCの内容を表示する 0
FFh CPUの動作を停止する 0

3種類の命令しか持っていません。

では、プログラムを作ってみます。

00h 14h 01h 3Fh FEh FFh

たった5つの数字です。

では、シンプル1号に処理させてみましょう。

まず、00hを取り出し、命令表と比較すると、命令番号00hが見つかります。

必要なデータ数は1つですので、次の数値14hを取り出します。

この数値をACCに代入し、この命令の処理は終わります。(ACC=14h)

次に、01hを取り出し、命令表と比較すると、滅入れ番号01hが見つかります。

必要なデータ数は1つですので、次の数値3Fhを取り出します。

この数値をACCに加え、この命令の処理は終わります。(ACC=14h+3Fh=53h)

FEhを取り出し、命令表と比較すると命令番号FEhが見つかります。

必要なデータ数は0なので、データは取り出さず命令を実行します。

画面に53hと表示し、この命令の処理は終わります。

FFhを取り出し、命令表と比較すると命令番号FFhが見つかります。

必要なデータ数は0なので、データは取り出さず命令を実行します。

CPUは動作を停止します。

以上でCPUの動作が完了します。

見事に8ビットの数字の羅列だけでプログラムが実行できましたね!

実際のCPUには数多くの命令がありますが、処理内容の基本はシンプル1号とまったく同じなのです。

テストとして、シンプル1号をJavaScriptで実現しました。

試してみてください。

{{insert_meta simpleno1}}

[source language=’javascript’]

プログラム:
※16進数を1バイトずつスペースで区切って入力してください。


実行結果


[/source]