VAIO TYPE PにUbuntuインストール (1600×768もOK)

携帯性に優れたVAIO TYPE Pは、ネットブックの本命だと思っておりましたが、

ubuntuとVAIO TYPE Pの相性がイマイチだったため、導入を控えておりました。

ネットを調べても、「8.04なら画面表示はいいが、ネットにつながらない」とか、

「8.10や9.04ならネットはつながるが、画面表示がダメ」とか・・・

やっと最近問題が解決されたため、満を持して導入しました。

導入方法

TYPE Pには光学ドライブがないため、USBスティックにインストールメディアを入れ、
そのスティックからブートさせてUbuntuをインストールすることにしました。
インストール後、グラフィックドライバを更新し、1600×768表示に対応させます。

準備するもの
  • 1GB以上のUSBメモリ
  • インストール用USBメモリを作るためのPC(あれば。 type pでも構いません)

1.Ubuntu9.04のインストールCD用ISOファイルをダウンロードします。

日本語を使用される方なら、こちらから日本語REMIX版ISOファイルをダウンロードすると楽です。

2.netbootinをブートUSBメモリ作成用PCにインストールします。

こちらのトップにWindows用、Linux用のダウンロードボタンがあるので、適当なものをダウンロードします。
ちなみに、Ubuntuと書いてあるリンクを元にパッケージインストールしたら、「qtライブラリのインストールができない云々」と表示されインストールに失敗しました。
しかし、p7zip-fullをパッケージインストールしておけば、
Linux用のダウンロードbinファイルを実行できます。

3.USBスティックをPCに差し込みます。
Windowsならドライブ名、Linuxならデバイス名をgpartedなどで確認しておいてください。(/dev/sdd1など)

4.netbootinを実行します。
ダウンロード済みのUbuntu9.04インストールISOファイルを指定し、インストール先に先のドライブ名(もしくはデバイス名)を選択します。
[OK]ボタンを押すと、USBスティックにブートイメージが書き込まれます。

インストール編

1.USBメモリを本体に差し込み、Ubuntu9.04のインストーラを起動します。

BIOS設定方法
VAIOの電源を入れ、「VAIO」と表示されたらすかさずF2キーを押します。
BIOS画面が表示されますので、右矢印キーを2回押してBoot設定画面に切り替えます。
「Boot Configuration」中の「External Device Boot」をEnabledに切り替えます。
「Boot Priority」中の「External Device」にカーソルを移動し、F5キーを押してExternal DeviceがInternal Hard Disk Deviceより上になるようにします。
右矢印キーを押して、Exit Setupを選択し、「The system saves the changes and restarts?」という質問に[Yes]を選択します。

2.デスクトップにある「インストール」アイコンをクリックします。インストーラが起動します。

3.言語は「日本語」を選択します。

4.「どこにお住まいですか?」や「キーボードレイアウト」はそのまま進みます。

5.「ディスクの準備」では、「それぞれ別のものとしてインストールし、起動時にどれを起動するか選択」を選びます(最初から選ばれています)。
「手動でパーティションを設定する」の下に現在のパーティションを示すバーと、グリグリするスライダーがありますので、Ubuntuに必要なサイズになるよう調整します。
(ちなみに、プリインストールOSが30GBほど使用済みです)

6.後は適当にユーザパスワードなどを設定し、インストールします。

7.20分ほどでインストールが完了しますので、USBスティックを抜いて再起動します。

1600×768の実現編

1.システムメニューから「システム」ー「システム管理」ー「Synapticパッケージ・マネージャ」をクリックします。

2.「設定」ー「リポジトリ」メニューをクリックします。

3.「サードパーティのソフトウェア」タブを選択し、[追加]ボタンを押し、下記をそのままコピペします。

deb http://ppa.launchpad.net/ubuntu-mobile/ppa/ubuntu jaunty main

4.もう一回[追加]ボタンを押し、さらに下記をそのままコピペします。

deb-src http://ppa.launchpad.net/ubuntu-mobile/ppa/ubuntu jaunty main

5.ダイアログの[閉じる]ボタンをします。

6.システムメニューから「アプリケーション」ー「アクセサリ」ー「端末」をクリックします。

7.端末の画面が表示されたら、以下のコマンドを実行します。

sudo apt-key adv –keyserver keyserver.ubuntu.com –recv-keys C6598A30

8.公開鍵がインストールされたら、Synapticにもどり、[再読込]ボタンをクリックします。

9.「編集」ー「検索」メニューをクリックし、「psb」と入力して検索します。

10.検索結果が表示されたら、最低以下の4つを選択してインストールします。

psb-kernel-source
psb-kernel-headers
psb-modules
xserver-xorg-video-psb

11.インストールが完了したら再起動します。
が、このままですとXの起動に失敗します。
そこで、GRUBローダの画面では、「recovery mode」を選択して起動します。
画面が表示されたら、「XFIX」を選択してX設定の再初期化を行います。
その後、REBOOTを選択して再起動。

これで、1600×768表示の快適なUbuntu Type Pが完成です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です