Mac OS X Lionの感想

Lionはインストールがとっても簡単。

AppStoreで数クリックでインストール開始。

手間は全然かからない。

というわけで、第2世代Macbook airをLion化しました。

感想はというと・・・重い。

ちなみにAirのスペックはというと、Core2Duo(1.4GHz)でメモリ2GBですが、

SnowLeopard上でVMwareにてWin7やCentOS使っていてもぜんぜん問題ありませんでした。

しかし、Lionは明らかに重い・・・

しかも、不正なアプリ強制終了やIMEが効かなくなることも多くなり・・・

ついには第3世代Macbook air導入・・・

店頭モデルのCore i5はvProが入っていないため、一応AppleStoreでi7版にしました。

新AirにてLionを動作させると・・・

あら、とっても快適!

やはりLionには買い替えを促すギミックが入ってますね!

とは言っても、アプリケーションの強制終了やIME無反応、液晶LED減灯などの

不具合は残されています。これはOSの問題ですので、アップデートに期待します。

VMwareですが、これは旧Airよりは大幅に早くなってます。

結局のところLionには新しいMacがお似合いのようで。

XPERIA arc vs XPERIA

ついにソニー・エリクソンから、XPERIA arcが発売になりました。

早速導入して、ユーザの視点で前のXPERIA(SO-01B)と比較してみました。

私的な体感を重視していますので、技術的な話はナシです。

1.外見

XPERIA arcの圧勝。

arcは1cmほど長くなりましたが、見た目も手に持ったときのフィット感も良くなっています。

マイクロUSB端子のカバーが無くなって、スッキリしました。

2.画面

XPERIA arcの圧勝。

旧XPERIAも綺麗でしたが、さらによくなりました。

3.タッチパネル

XPERIA arcの圧勝

マルチタッチが確実に効いています。

GoogleEarthでグリグリしてもおかしくなりません。

4.カメラ

XPERIA arcの圧勝。

プレビュー画面の追随が速く、シャッターを押してから次の写真を撮るまでの時間もかなり短縮されています。

スマイルシャッターも、ちゃんと動作します。

ついにiphone4よりもいいと感じました。

画質もよくなりました。

5.スピード

XPERIA arcの圧勝。

旧XPERIAでは、時々「遅いな」と感じていたものが、かなり改善されています。

ゲームエミュレータがサクサク動いています。

6.HDMI出力

(旧XPERIAにはないため)当然XPERIA arcの圧勝です。

XPERIA arcの出力はすべて大型液晶テレビなどに出力できます。

Youtubeでも、Mediaプレイヤーでも、Google Earthでも、PSXエミュでも、NESエミュでも、何でも大丈夫です。

これもiphone4にはない機能です。

この機能、ずっと欲しかったので大満足です。

7.バッテリー

たぶんXPERIA arcの勝ちです。

インストールしているアプリによってかなりバッテリーの持ちが違うので、

なんとも言えません。

しょせんスマホは毎日充電です。

8.総合

XPERIA arcの圧勝。

旧XPERIAを使っていて、不満点・要望点が幾つかありました。

もっと高速になってほしい。

正確なマルチタッチが欲しい。

テレビ出力に対応して欲しい。(USB経由でも構わない)

USBホスト機能が欲しい。

カメラのシャッターがもっと早く切れて、暗いところでも撮れるようになって欲しい。

欲しかった機能が搭載され、旧XPERIAで不満だった点も確実に改善されています。

FMラジオは震災後という点でも、役立つ機能です。

前面カメラとおサイフケータイ機能がついたら、完全体になれそうです。

ビックカメラ新宿店では、XPERIA arcを購入する女性がとても多かったことからも、

XPERIA arcの人気がかなり出てきていると思います。

ソニー・エリクソン素晴らしい!!

かなりのやる気を感じます。

やっとiphoneのライバルと呼べるような端末になったのではないかと思います。

さらに、近いうちに旧XPERIAのバージョンアップでAndroid2.3になるらしいです。

旧端末のサポート面でも、ソニー・エリクソン素晴らしいです!!

今一番購入して良いアンドロイド端末だと感じました。

p.s.前面カメラ欲しかったなぁ・・・iphone4に完勝できたのに・・・